中板橋のM邸は内部に打ち放し風の壁紙を使い、ALCを活かした内壁とのコントラストを楽しめる空間になっている。1階は仕事場、2・3階は2世帯住宅となっており、空間を最大限活用した建物となった。
上石神井のS邸はALCのデザインパネルを外壁に使用し、2階のリビングでは吹抜けを活かした大空間となった。内部は全体的に白を基調とし、吹抜上部のガラスからの採光も気持ちの良い建物になった。