墨田区のT邸は、前面にガルバリウム鋼板を張った鉄骨ALC住宅。内部は螺旋階段によって空間を仕切り、壁を少なくすることで大空間を確保している。
台東区のW邸は、塗装によってアクセントをつけた鉄骨ALC住宅。3階には中庭があり生活の中心の役割を果たしている。2階は大きなリビングダイニングとなっており、重量鉄骨のメリットを最大限活かしている。