1階が花屋,2〜3階が住居。I邸と同じようなデザインを・・・という施主の要望。
1階をガラス張りとして店舗の内外空間を積極的につなぎ、外部に張り出した鉄骨の梁にグラスライトを通して光を取入れ、内外部の緩衝スぺ一スとしてゆっくり包み込むようなデザインとしました。
「田園の中の白い三角」東松山から熊谷にいたる幹線道路沿いに有り、とにかく良く目立ちます。3階は子供室と納戸、2階の居間から吹抜けを通して1階店舗とつながっています。将来はこの吹抜けに螺旋階投を設け、2階をパーラーにする計画もあります。