町家型住宅の増築の建替え、表通りは商店街に面し精肉店を営んでいる。裏側の住宅地より玄関をとり、1階を応接室・リビング・母親の寝室、2階に主寝室、3階を社員用の会議室・集会室に利用している。
外壁に厚めのタイルを採用したため、下地のラスを1.5mmピッチでALCに専用金物で止め、また屋根もALC下地に銅板葺きとし重厚さを演出している。床下は砂利工法、床暖房設備をしつらえ、年寄りのために堀コタツが設けられている。窓ガラスは全てペアガラス(一部ハーフミラー)で遮音・断熱性が高められている。