20坪という狭い土地をいかに有効に使えるかという事と、周りの建売り住宅いかに差別化した「主張できる家」を造るかが命題でした。
通常の建築よりも600〜700万ほどコストを抑えるため、重量鉄骨と木造の混構造に決定し、外観の仕上げはガルバリウム鋼板を使用する事で、施主の希望でもあった現代風なフォルムになりました。階段はストリップ階段にする事で広くすっきりさせ、手摺り部分にカラーリングを施しポイントをつくり、シンボリックなオブジェになり印象的な空間を構成しました。