本来は壊して、建て替えたかったが借地権のせいでなかなかうまくいかない。中野区にはこのような敷地がたくさんある。それなら構造体を残し、耐震補強をしながらリフォームで改造しようと言うことになり、大工さんと綿密に打合せしながら進めていくことになった。
1階を貸店舗と主寝室、2階をリビングダイニング、小屋裏を子供室に改造した。
工事中の様子を見て、隣の伯父にあたるS氏からも同じ工法でリフォームして欲しいと頼まれる。S氏の奥さんが車椅子で生活出来るようバリアフリーデザインを試みた。